CLOUD FAX for Google Apps

 

ファックスはクラウドで見る時代

紙に出さずに受信確認。
内容の確認もクラウドで。
外出先でも閲覧できて、転送/印刷も簡単操作でOK。

CLOUDFAX for Google Apps の概要

CLOUDFAXでは、お客様がお持ちのFAX機(複合機)で受信したFAXを自動でGoogleドライブに転送し、FAXデータを自動保存します。

インターネットが繋がる環境からGoogleドライブを閲覧すればどこでも最新の受信FAXが閲覧可能です。無駄な紙への印刷を省くこもでき、保存データは決められた人と共有化が簡単に出来ます。

CLOUDFAX for Google Apps の概要
CLOUDFAX for Google Apps の仕組み

CLOUDFAX for Google Apps の仕組み

FAX機や複合機には受信したFAXをE-mailに転送する機能が付属しているものもありますが、メールを転送しただけでは、そのメールアカウントの持ち主しかデータを閲覧できず、さらにその中身を確認するのに一つ一つメールを開封する手間があります。
CLOUDFAXはそれらを解決するため、自動的にGoogleドライブへ転送・保存し、受信FAXの共有と安全な保存、そして情報活用を促進するソリューションとして開発されました。

CLOUDFAX for Google Apps のメリット

受信したファックスの「印刷」と「バックアップ」を同時に自動で行います。

受信したファックスの「印刷」と「バックアップ」を同時に自動で行います。

FAX・複合機に受信したファックスは通常通り印刷しながら、同時にGoogleドライブへバックアップ保存できます。
今までの業務を妨げることなく、手間をかけずにファックスの内容をバックアップ保存できるので、過去のファックス情報が必要な時や再印刷が必要な時に再利用(閲覧・印刷)することが可能です。保存先がクラウド環境の為、インターネットを経由して遠隔地からの閲覧・管理もできます。

インターネットから外出中でもファックスを確認。また、ファックスの「共有化」も実現。

Googleドライブに保存されたデータはいつでもどこでもインターネットで確認可能。他のスタッフと、ファックスの情報を共有できます。ノートPCやタブレット端末などのモバイル機器でも内容確認が可能です。

インターネットから外出中でもファックスを確認。また、ファックスの「共有化」も実現。
無駄なファックスの印刷を削減

無駄なファックスの印刷を削減

受信したファックスを自動受信/印刷を行わずにデータでGoogleドライブに保存する形でご利用頂くと、印刷の必要のあるものだけ後からプリントできますので無駄な用紙を使わず、印刷コストも低減できます。
まさに環境にも優しいアプリケーションです。

保存したデータは自動共有が可能。離れた拠点の受信ファックスも確認することができます。

Googleドライブの共有機能を使えば、自動的に登録したGoogleアカウントと共有する事が出来ます。
複数のスタッフ、拠点でも共有化して閲覧が可能です。
Googleアカウント毎に設定できるので、閲覧者を限定することも可能です。

保存したデータは自動共有が可能。離れた拠点の受信ファックスも確認することができます。
ファックスデータはGoogleに保存。とても安全です。

ファックスデータはGoogleに保存。とても安全です。

受信済みファックスは火災・地震などで保存しているハードウェアが使えなくなってもクラウド(Googleドライブ)に安全に保管されているので後から閲覧/利用が可能です。

ご利用にあたり必要な環境とご利用プランについて

 システム利用料金

     受信FAX1回線分  0  円

     ※ FAX2回線(拠点)以上でご利用の場合は追加1回線(拠点)毎に500円の利用料が掛かります。
     ※ 別途「サガスクラウドソリューション基本契約(3,000円/月)」が必要です。

 ご契約期間/プラン更新

     ご契約期間は1年間です。2年目以降は自動更新となります。

     ※ 利用料金は「年払い(12ヶ月分一括)」となります。

 初期設定費用

     アプリケーション設定 3,000円(税別)

     ※ お客様のGoogleアカウントのGoogleドライブ領域へ受信FAXのデータを転送する設定を行います。

 ご利用に必要なもの

     FAX受信機

     (受信したFAXデータをE-mailで転送する機能が搭載された複合機・FAX機)

     ※ インターネットに常時接続されている環境が前提となります。
     ※ PDF ファイルでの転送機能が必要です。

     GoogleAppsアカウントまたはGoogleアカウント

     (転送されたFAX データを保存するGoogle ドライブを利用するためのアカウント)

     ※ Googleアカウントをお持ちでない方は弊社担当までご相談下さい。

     CLOUDFAX データ閲覧機器

     (インターネット<Google ドライブ>閲覧が可能なパソコンまたはスマートフォン/タブレット等)

     ※ データはPDF ファイルで保存されます。ダウンロードして利用する際はAdobe Reader等が必要です。

 システムお申し込みの流れ

サービスのお申込み

ご利用開始のお申込み専用のお申し込み用紙にてお申し込みいただきます。

お客様のGoogleアカウント
(Gmail/Googleドライブ)に転送設定

CLOUDFAXはGmailおよびGoogleドライブを利用します。そのためにお客様のGoogleアカウントへCLOUDFAXアプリケーションの設定をします。

FAX受信機からE-mailで
転送設定を用意

お客様のFAX受信機(複合機等)で受信FAXのE-mail転送設定をご用意いただきます。

CLOUDFAXご利用開始

受信FAXの転送を開始し、CLOUDFAXの利用を開始します。

Google Apps

Google Apps for Work について

Google Apps for Work はオンラインでGoogleが提供する数多くの便利なサービスをご利用いただける世界中で人気のサービスです。迷惑メールをシャットアウトするGmailや、データ保存につかえるGoogleドライブも、全部セットで1アカウントあたり月額500円という低価格でご利用頂けます。

Google for Work

Google for Work

株式会社サガスは、Google for Work パートナーです。